東方プロジェクト 魔鉱強化星八卦炉 【Dead Star End】

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

完全一品物 不動の主人公霧雨魔理沙をモチーフにしたガントレット
―五行機関発動。魔素蒐集開始…ok
 陽火鋳炉内燃機関燃焼率98%…ok!
 魔導縛糸強度正常。魔鉱集積回路クロックアップ…ok!!
 宇宙の果てまで!ぶっ飛べ!!


制作コンセプトは「魔鉱強化星八卦炉」
作品形態としてはリング、バングル複合のガントレットになります。

デザイン時のキーワードとして挙げたものは
・改造強化された八卦炉
・「パチュリー」・「アリス」・「にとり」の協力を経て強化
・協力キャラそれぞれの特性を形状と機能に反映
・星のイメージ

厨二病待ったなし。魔改造された強化八卦炉のデザインを目指しました。
自然界の魔素をリングから吸収し八卦炉内で燃焼。バングル部で演算処理を行い、生まれたエネルギーを魔砲として手から撃ち出す!!
5本の指で形作り放たれた星型の魔砲はあたかも流星のように空を裂くのだ!!
サブタイトルの「Dead Star End」は、ミッシェルガンエレファントの同名の曲から強くインスピレーションを受けたのでこのような感じに。


手の甲に八卦炉を配し、指輪とバングルに鎖をつないで固定してあります。
八卦炉は公式設定ではヒヒイロカネという特殊合金製な訳ですが、今回はそれを「太陽のエネルギーを鋳込んだ炉」という当て字で”陽火鋳炉”としました。
それ自体が高温に燃え盛る内燃機関として表現するため、瑪瑙の厚板を八角形に切り出し銀板で挟み込みました。
光に透かして見ると石内部の模様が炎のように見えます。
無理矢理膨大なエネルギーを詰め込む無茶な改造を施したため、板金加工で何とか抑え込んでいる(という設定)

5本の指すべてに同じデザインの巻き付け型リングを装着するようになっています。
こちらはパチュリーアクセ(月読)に使用している石と同じものを使用しています。
リングを装着した5本の指を広げ五行機関を展開、自然界の魔素を蒐集することで陽火鋳炉内燃機関の燃料に変換します(という設定)

五行機関、及び魔鉱集積回路(バングル部)と八卦炉をつなぐ繊細な導力路には魔導縛糸が使われています。
これは人形遣いアリスが魔法の糸を幾重にも編み重ねて作りました(という設定)
特に五行機関から八卦炉への経路は魔素の吸収と魔砲の放出といった大事な役割があるため、魔力を固めた虹色の魔石が緩衝装置として取り付けられています。

最後に八卦炉使用者への負担を減らす魔鉱集積回路を搭載したバングル。
これは河童の技術と魔法技術を結集したにとり渾身の装置になっています(という設定)
ただでさえピーキーな陽火鋳炉に無理矢理魔素を投入して燃焼させる改造八卦炉。
そのまま使用すれば暴発、炎上につながる可能性があります。
そこで八卦炉燃焼率の制御、ダメージフィードバックの減衰、余剰魔素の冷却浄化と放出、またそれぞれの演算処理など。
使用者の安全のために必要な様々な機能をギュっと詰め込んだのがこのバングルです。
魔術的に合成、結晶化されたコンピューターをメインにそれぞれの機能が制御されています。

・・・ハイ、こんな感じの設定を盛りに盛った厨二心溢れまくりの作品となりました。
盛った設定をかっこよくまとめ上げてデザインするのが腕の見せ所かと思いますが、上手くできているんじゃないかと思ってます。

こちらも霊夢アミュレットと同じように専用の箱を用意しました。
秘蔵コレクションの石や機械式時計のパーツなど惜しげもなく使っております。
制作期間は同じく、およそ一月。
pixivのこちらのページでは制作中の写真も一緒に公開していますので、是非ご覧ください。
pixivページ

本体:シルバー925、K24、真鍮、銅、歯科合金
石:瑪瑙、キュービックジルコニア、パイライトインクォーツ、ハイパースシーン、ムーンストーン、オーロラクォーツ
チェーン類:シルバー925
本体サイズ:h200mm×w120mm


▼以下蛇足説明

二〇一七年。東方project20周年の節目に当たるこの年。
同ジャンルで長らく装身具を作らせていただいている当サークルもここ数年、諸々の節目を感じていました。
サークル発足当初の目的として掲げた「全キャラアクセ作成」、その後の「カップリングアクセ作成」の完遂。
また、私生活でも環境の変化として彫金仕事のプロ転向など色々な変化がありました。
この節目に何か大きな、サークル活動集大成としての作品を作りたいとの思いから、今回このようなジュエリーを制作いたしました。
一応値段はつけてありますが、頒布度外視した値段設定なので頒布用というより展示用という感じです。
何度かは即売イベントにも持っていくつもりなので会場で見かけた際はじっくり見ていってください。

  • 価格:186,000円

  • こちらの作品は一品物のため再販はございません

商品検索

カートの中身

カートに商品は入っていません